研修前に覚えておこう!社会人としてのマナー

ビジネスマナーはバッチリ?

就職が決まってしまうと安心感からついつい気が緩んでしまいますよね。残りの学生生活を楽しむ事で、頭がいっぱいになっている学生も多いかもしれません。
ですが、社会人としてのマナーはバッチリですか?会社の研修で教えてくれるだろうと思っていませんか?事前にビジネスマナーを覚えておくだけで、電話対応や上司との付き合いなどが上手くいきやすくなるんです。ビジネスマナーは会社の研修ですべて教えてくれるとは限りません。しっかり予習して、周りより輝いて見える新人になってみませんか。マナーを知らずに怒られてしまうより、知っていて褒められる方がずっと良いはずです。基本的なビジネスマナーでも案外、知らない人が多いんですよ。

お疲れ様とご苦労様の違いは大丈夫?

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い方はしっかりマスターしていますか?
「お疲れ様です」は上司や同僚等、幅広く使用できる相手の労をねぎらう言葉です。しかし、新人の中には取引先の相手に間違えて使用してしまう人がいます。取引先との電話口の会話では「お疲れ様です」ではなく、「いつもお世話になっております」と言うようにしましょう。取引先によっては「いつもご愛顧ありがとうございます」と言う場合もあるので、会社の指示で臨機応変に対応できると素晴らしいです。
「ご苦労様です」は目上の者が目下の労をねぎらう時に使用する言葉です。新人が使用する場面はほとんど無い言葉なので、間違えて上司に使わないようにしましょう。他にも敬語や名刺の受け取り方など、まだまだ沢山のビジネスマナーが世の中に存在します。是非、この機会に勉強してみて下さい。

© Copyright Improving Capability. All Rights Reserved.