こんな社員教育をすれば、使える部下が育つ!

チャレンジと報・連・相の重要性

部下を教育することは簡単なことではありません。教育の仕方次第で良くも悪くもなるのです。では、どのように社員教育をすれば、使える部下が育つのでしょうか。まず、社員教育において大切な事は、新しいことや難しいことにチャレンジさせることです。チャレンジなくしてスキルアップは望めません。部下によって進み具合に差が出るものなので、ミスがあれば指摘し、効率よくこなすうえでのアドバイスをするなど、教育係として出来栄えを欠かさずチェックすることが大切です。自分で考えて全力でやったことは身につきますし、自信にも繋がります。また、仕事において重要な報告・連絡・相談を徹底させることも使える部下を育てるポイントです。仕事の進歩状況を報告させ、業務上の連絡を怠らず、問題が起こった時にはすぐに相談させることが仕事を円滑に進めるうえで重要となります。

叱り、褒め、部下のやる気を引き出そう!

部下の成長において、叱ることも重要です。叱るといっても、むやみやたらに叱るのでは部下のやる気を失くす原因になりかねません。社内のルールから逸脱したときや業務における取り組み不足があった時には叱ることで、部下に自覚して反省させることが大切です。しかし、感情のままに叱ってはいけません。怒るのではなく、部下が素直に反省できるような冷静な叱り方を心がけることが肝心です。そして、その後のフォローも大切です。叱った後には改善しているかどうかチェックして改善しているのであれば、評価し、褒めることで部下のやる気や成長に繋がります。また、叱る際には公平さに気をつけなければなりません。同じことをして叱られる人と叱られない人がいれば、部下の不満が募ってしまいます。誰に対しても公平さを心がけるようにしましょう。

新人研修は、社会人としての基礎を学ぶだけでなく、仕事に対するモチベーションを高める機会にもなります。

© Copyright Improving Capability. All Rights Reserved.